FC2ブログ

記事一覧

四十八手【獅子舞(ししまい)】

獅子舞(ししまい)は座位系の体位でありながら対面座位の一種であり、男性の上に女性が座ったまま両脚を男性の肩に掛ける体位です。女性は両手を後ろでつきますが、バランスが保ちにくいため男性が腰や背中を手で支えてやる必要があります。女性の太股が閉じら膣圧は高くなるものの、男女共に腰を動かしにくい体位であるためかなり上級者向けの体位となります。実践にみる獅子舞(ししまい)獅子舞からは帆かけ茶臼(ほかけちゃう...

続きを読む

四十八手【首引き恋慕(くびひきれんぼ)】

首引き恋慕(くびひきれんぼ)は騎乗位系の体位でありながらも、紐または縄を使ったちょっとSMチックな体位です。向かい合わせになった男女の首に紐を掛け、互いの首でその紐を引き合いながら挿入感を楽しむ体位となります。騎乗位と言うよりはどちらかと言うと座位に近いかもしれません。実践にみる首引き恋慕(くびひきれんぼ)首引き恋慕からは同じ紐を使ったプレイとして流鏑馬(やぶさめ)へと移行するのがスムーズですが、あ...

続きを読む

四十八手【流鏑馬(やぶさめ)】

流鏑馬(やぶさめ)は騎乗位系の体位でありながらも、紐または縄を使ったちょっとSMチックな体位です。仰向けになった男性の上に女性が跨るまでは普通の騎乗位ですが、男性の首に紐を掛け、それを手綱のように引きながら腰を動かすところからその名がついたとされています。実践にみる流鏑馬(やぶさめ)流鏑馬からは同じ紐を使ったプレイとして首引き恋慕(くびひきれんぼ)へと移行するのがスムーズですが、あまり紐を強く引きす...

続きを読む

四十八手【宝船(たからぶね)】

宝船(たからぶね)は騎乗位系の体位であり、仰向けになった男性の上に女性が跨り、男性の片足を持ち上げた状態で挿入する体位です。似た体位に男女の位置が逆転した松葉崩し(まつばくずし)があります。男性の片足を大きく上げさせる事で通常よりもより深い挿入感があり、特に女性はいつも以上に深い位置が刺激されるため、中イキしやすい人気の体位でもあります。実践にみる宝船(たからぶね)宝船からは茶臼のばし(ちゃうすの...

続きを読む

四十八手【茶臼のばし(ちゃうすのばし)】

茶臼のばし(ちゃうすのばし)は騎乗位系の体位であり、仰向けになった男性の上に女性が覆い被さり腰を振る、正常位の男女が逆転したような体位です。ただ正常位とは異なり、女性から腰を動かすのはなかなかに困難であるため、どちらかというと体を密着させる事が目的の体位となります。実践にみる茶臼のばし(ちゃうすのばし)茶臼のばしからは御所車(ごしょぐるま)や宝船(たからぶね)への移行が可能です。縄を利用してちょっ...

続きを読む

四十八手【時雨茶臼(しぐれちゃうす)】

時雨茶臼(しぐれちゃうす)は仰向けになった男性の上に女性が跨り自由に腰を動かす、現代の騎乗位そのものの体位です。基本、女性主導の体位ではありますが、男性が腰を突き上げる事により男性主導に切り替える事も可能です。似た体位に百閉(ひゃくへい)がありますが、百閉は女性が前屈みになるのに対して時雨茶臼は女性が体重を後ろに掛けるところに違いがあります。実践にみる時雨茶臼(しぐれちゃうす)時雨茶臼からは百閉(...

続きを読む

四十八手【百閉(ひゃくへい)】

百閉(ひゃくへい)は仰向けになった男性の上に女性が跨り自由に腰を動かす、現代の騎乗位そのものの体位です。基本、女性主導の体位ではありますが、男性が腰を突き上げる事により男性主導に切り替える事も可能です。似た体位に時雨茶臼(しぐれちゃうす)がありますが、時雨茶臼は女性が体重を後ろに掛けるのに対して百閉は女性が前屈みになるところに違いがあります。実践にみる百閉(ひゃくへい)百閉からは時雨茶臼(しぐれちゃ...

続きを読む

四十八手【御所車(ごしょぐるま)】

御所車(ごしょぐるま)は騎乗位系の体位であり、仰向けになった男性の上に女性が跨り、男性器を中心に女性が回転する体位です。正直、アクロバティックな体位というよりはかなり遊び感覚の強いものであり、ネタとして試してみる価値はありますがあまり実践的ではありません。ふざけすぎて男性器を痛めてしまわないよう注意して下さい。実践にみる御所車(ごしょぐるま)御所車からは茶臼のばし(ちゃうすのばし)や宝船(たからぶ...

続きを読む

四十八手【菊一文字(きくいちもんじ)】

菊一文字(きくいちもんじ)は測位系の体位でありながら騎乗位とも呼べる特異な体位であり、仰向けになった男性の上で女性が両脚を大きく開いた状態で挿入するかなり難易度の高い体位です。その名の由来はアナルセックスも可能な体位であることから、肛門を菊に見立ててそう呼ばれるようになったそうです。実践にみる菊一文字(きくいちもんじ)菊一文字はすべての騎乗位系の体位から移行がスムーズです。そのまま女性を横倒し、浮...

続きを読む

四十八手【窓の月(まどのつき)】

窓の月(まどのつき)は測位系の体位であり、横向きになった女性のh背後から男性が挿入する体位となります。この時男性は女性の足を挟み片足を上げさせているのがポイント。似た体位に浮き橋(うきばし)がありますが、浮き橋は女性の両脚を閉じさせている事に大きな違いがあります。実践にみる窓の月(まどのつき)窓の月からは浮き橋(うきばし)に相互移行が可能です。それぞれの体位からは菊一文字(きくいちもんじ)に移行が...

続きを読む

つぼみという名の女優

あどけない顔つきながらいつまでも若々しい姿で多くの男性を魅了する彼女。未だ第一線で活躍しているのはもちろん、その見た目とは裏腹に結構ハードなプレイにも挑戦しており、2019年現在総出演作品は1500本を越えるなどあらゆるジャンルのプレイをカバーしてくれている貴重な女優さんです。デビュー当時はまだ18歳だったんですね。正直ここまで長く続けるとは本人も思ってなかったんじゃないでしょうか?パーソナルデータデビュー...

続きを読む

四十八手【浮き橋(うきばし)】

浮き橋(うきばし)は測位系の体位であり、横向きになった女性の背後から男性が腰を持ち上げ挿入する体位となります。この時女性は両脚を閉じているのがポイント。似た体位に窓の月(まどのつき)がありますが、窓の月は男性が女性の足を挟み片足を上げさせている事に大きな違いがあります。実践にみる浮き橋(うきばし)浮き橋からは窓の月(まどのつき)に相互移行が可能です。それぞれの体位からは菊一文字(きくいちもんじ)に...

続きを読む

四十八手【立ち松葉(たちまつば)】

立ち松葉(たちまつば)は立位系でありながら交差位のひとつでありますが、かなりアクロバティックな難易度の高い体位のひとつでもあります。基本は松葉崩し(まつばくずし)の立位バージョンですが、挿入はもとより腰を動かすのは想像以上に難しく、男女共にかなりの体力が必要となるためあまり実用的な体位ではありません。実践にみる立ち松葉(たちまつば)立ち松葉は他に類を見ない体位なため移行出来る体位はありませんが、敢...

続きを読む

四十八手【松葉崩し(まつばくずし)】

松葉崩し(まつばくずし)は正常位系でありながら交差位のひとつであり、仰向けになった女性の上に男性が跨り、女性の片足を持ち上げた状態で挿入する体位です。似た体位に男女の位置が逆転した宝船(たからぶね)があります。女性の片足を大きく上げさせる事で通常よりもより深い挿入感があり、特に女性はいつも以上に深い位置が刺激されるため、中イキしやすい人気の体位でもあります。ちなみにその名の由来は挿入時の様子が松葉...

続きを読む

四十八手【つばめ返し(つばめがえし)】

つばめ返し(つばめがえし)は後背位系でありながら交差位のひとつであり、四十八手の中ではいちにを争うほどの有名な体位です。四つん這いになった女性の後ろから男性が挿入するまでは後背位と同じですが、女性の片足を大きく上げさせる事に違いがあり、通常よりもより深い挿入感が味わえます。ちなみにその名の由来は大きく上げた女性の足が燕の羽に似ている事からだそうです。実践にみるつばめ返し(つばめがえし)つばめ返しか...

続きを読む

四十八手【立ちかなえ(たちかなえ)】

立ちかなえ(たちかなえ)は立位系の体位であり向かい合って挿入を行う対面位のひとつです。男性が両脚立ちなのに対して女性は片足をあげた状態で挿入する形になるため、バランスを崩しやすく、男性がしっかり支える必要があります。身長差があると難しい体位ですが、場所を選ばず密着しながらの挿入となるため興奮度の高い体位です。実践にみる立ちかなえ(たちかなえ)立ちかなえからは女性を反転させうしろやぐらへの移行がスム...

続きを読む

四十八手【うしろやぐら】

うしろやぐらは立位系の体位であり、いわゆる立ちバックのひとつです。壁に手を掛け腰を突き出した女性の背後から男性が挿入する体位となります。碁盤攻め(ごばんぜめ)や仏壇返し(ぶつだんがえし)に似ていますが、それぞれ女性の体勢が異なるため挿入感が異なります。なかでもこのうしろやぐらは挿入感が浅く動きにくいですが、場所を取らないため野外や密室などで活躍する体位となります。実践にみるうしろやぐらうしろやぐら...

続きを読む

四十八手【仏壇返し(ぶつだんがえし)】

仏壇返し(ぶつだんがえし)は立位系の体位であり、いわゆる立ちバックのひとつです。前屈みになり腰を突き出した女性の背後から男性が挿入する体位となります。うしろやぐらや碁盤攻め(ごばんぜめ)に似ていますが、それぞれ女性の体勢が異なるため挿入感が異なります。なかでもこの仏壇返しは肛門や性器が丸見えとなるため、男性にとってはかなりの征服感が得られます。実践にみる仏壇返し(ぶつだんがえし)仏壇返しはうしろや...

続きを読む

四十八手【碁盤攻め(ごばんぜめ)】

碁盤攻め(ごばんぜめ)は立位系の体位であり、いわゆる立ちバックのひとつです。椅子やベッドに手を掛け腰を突き出した女性の背後から男性が挿入する体位となります。うしろやぐらや仏壇返し(ぶつだんがえし)に似ていますが、それぞれ女性の体勢が異なるため挿入感が異なります。なかでもこの碁盤攻めが男性にとっては一番腰を動かしやすい体位となります。実践にみる碁盤攻め(ごばんぜめ)碁盤攻めはうしろやぐらや仏壇返し(...

続きを読む

四十八手【抱き上げ(だきあげ)】

抱き上げ(だきあげ)は後背位系の体位であり、男性が背後から挿入したあと女性の両脚を持ち上げ膝立ちのまま腰を振るというかなりアクロバティックな体位です。想像しただけでも解るとおりかなりの筋力を必要とするため長時間行うには不向きな体位です。しかしながら女性は両脚を持ち上げられることで内股に力が入り膣圧も高まるため、男性はそれなりの快感を得る事が出来ます。似た体位に押し車(おしぐるま)がありますが、抱き...

続きを読む