FC2ブログ

記事一覧

四十八手【本駒駆け(ほんこまがけ)】

本駒駆け(ほんこまがけ)は座位系の体位でありながら背面座位の一種であり、膝を立てた状態、いわゆる体育座りした男性の上に女性が座る形で行います。男女共に腰を動かす事が可能であり、角度次第ではかなり深い挿入感が味わえる人気の体位です。実践にみる本駒駆け(ほんこまがけ)本駒駆けからは、手懸け(てがけ)、鳴門(なると)、しぼり芙蓉(しぼりふよう)への移行がスムーズに行えます。また、男性はそのまま体を倒し、...

続きを読む

四十八手【しぼり芙蓉(しぼりふよう)】

しぼり芙蓉(しぼりふよう)は座位系の体位でありながら背面座位の一種であり、足を閉じて座った状態の男性の上に女性が座る形で行います。男性はほとんど動けないため女性主導の体位となります。鳴門(なると)とよく似ていますが、そこまで激しい腰の動きは求められず、むしろ愛撫の延長のように体を密着させて軽い挿入感を楽しむ体位となります。実践にみるしぼり芙蓉(しぼりふよう)しぼり芙蓉からは、手懸け(てがけ)、鳴門...

続きを読む

四十八手【鳴門(なると)】

鳴門(なると)は座位系の体位でありながら背面座位の一種であり、足を閉じて座った状態の男性の上に女性が座る形で行います。男性はほとんど動けないため女性主導の体位となります。しぼり芙蓉(しぼりふよう)とよく似ていますが、その腰使いが大きく違っており、女性はさながら鳴門海峡の渦潮のように、左右に腰を回転させながら奥深くにまで挿入する必要があります。実践にみる鳴門(なると)鳴門からは、手懸け(てがけ)、本...

続きを読む

四十八手【手懸け(てがけ)】

手懸け(てがけ)は座位系の体位でありながら背面座位の一種であり、男性の上に女性が座る形で行います。本駒駆け(ほんこまがけ)やしぼり芙蓉(しぼりふよう)に似ていますが、大きな違いは男性が椅子やベッドに腰掛けた状態で行うところにあります。そのため主導権は女性となり、男性は愛撫に徹する事となります。実践にみる手懸け(てがけ)手懸けからは、鳴門(なると)、本駒駆け(ほんこまがけ)、しぼり芙蓉(しぼりふよう...

続きを読む

四十八手【抱き地蔵(だきじぞう)】

抱き地蔵(だきじぞう)は座位系の体位でありながら対面座位の一種であり、男性の上に女性が跨るまでは通常の座位と同じですが、男性が椅子やベッドに腰掛けた状態である事に違いがあります。挿入は深く密着度も強い、女性には人気の体位でもあります。実践にみる抱き地蔵(だきじぞう)抱き地蔵からは、獅子舞(ししまい)、帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)、こたつ隠れ(こたつがくれ)への移行がスムーズに行えます。また、男性が...

続きを読む

四十八手【乱れ牡丹(みだれぼたん)】

乱れ牡丹(みだれぼたん)は座位系の体位でありながら背面座位の一種であり、男性の上に女性が後ろ向きになって跨り挿入する体位です。挿入は浅めながら密着度が強く、女性には人気の体位でもあります。実践にみる乱れ牡丹(みだれぼたん)乱れ牡丹からは、こたつがかりへの移行がスムーズに行えます。そのまま女性をうつ伏せにさせ鵯越え(ひよどりごえ)、押し車(おしぐるま)、抱き上げ(だきあげ)などの後背位系へと移行する...

続きを読む

四十八手【こたつかがり】

こたつがかりは座位系の体位でありながら背面座位の一種でありますが、よもや背面座位をこたつの中で行うものこそがそれだと言っても過言ではありません。お互い見つめ合いながら行うこたつ隠れ(こたつがくれ)とは正反対となり女性は背後から突き上げられる形となりますが、こたつ隠れ動揺あまり実践的とは言えません。実践にみるこたつがかりこたつがかりからは、乱れ牡丹(みだれぼたん)への移行がスムーズに行えます。そのま...

続きを読む

四十八手【帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)】

帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)は座位系の体位でありながら対面座位の一種であり、女性が男性の上に跨るまでは同じですが、女性の片足を持ち上げ肩に乗せる事で、官能的な見た目はもちろん、より深い挿入感を味わう事が出来る体位です。ちなみにその名の由来は高く上げさせた女性の足が船の帆のように見えることからのようです。実践にみる帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)帆かけ茶臼からは、獅子舞(ししまい)、抱き地蔵(だきじぞう...

続きを読む

四十八手【こたつ隠れ(こたつがくれ)】

こたつ隠れ(こたつがくれ)は座位系の体位でありながら対面座位の一種でありますが、よもや対面座位をこたつの中で行うものこそがそれだと言っても過言ではありません。男女ともに両手を後ろにつき、お互い見つめ合いながらこたつの中で挿入するという、なんとも情緒溢れる体位ではありますが、当然ながらおおよそあまり実践的とは言えません。実践にみるこたつ隠れ(こたつがくれ)こたつ隠れからは獅子舞(ししまい)、帆かけ茶...

続きを読む

四十八手【獅子舞(ししまい)】

獅子舞(ししまい)は座位系の体位でありながら対面座位の一種であり、男性の上に女性が座ったまま両脚を男性の肩に掛ける体位です。女性は両手を後ろでつきますが、バランスが保ちにくいため男性が腰や背中を手で支えてやる必要があります。女性の太股が閉じら膣圧は高くなるものの、男女共に腰を動かしにくい体位であるためかなり上級者向けの体位となります。実践にみる獅子舞(ししまい)獅子舞からは帆かけ茶臼(ほかけちゃう...

続きを読む