FC2ブログ

記事一覧

陰毛に並々ならぬ執着があります

私がはじめて異性に性的興奮を覚えたのは他でもない陰毛の存在でした。もちろん見る機会なんてないですからあくまで想像としての存在にです。成長して大人になれば誰だってそこに毛が生える。なのに自分にはなかなか生えない。当時周りと比べても体が小さく、随分と成長が遅れていた私ならではのコンプレックスだったのかもしれません。

だからか大人びた子を見るとつい想像してしまっていたのです。どんなにあどけない表情で笑いながらもこの子にはもう陰毛が生えているんだろうなと、そう思えば思うほどに並々ならぬ興奮を覚えていたのです。


初めて目にしたそれは……

けれどそんな私が初めて女性のそれを目にした時、想像とは大きく掛け離れたそれに思わず驚愕しました。相手は歴とした高校生だというのに驚くほどそこには毛が生えていなかったのです。正直目を疑いました。触れた瞬間からなんとなく思ってたのと違うとは感じていましたが、まさかここまでとは――。

恥丘の上に細い毛がわずか数本。パイパンではないもののその気になれば数えられるほどのそれはなんだかとてもいやらしくて、ある意味私の期待を大きく裏切ったにも関わらず、だがこれはこれでいい!だなんてやけに興奮したのを覚えています。


それでも私は陰毛に執着してしまう

しかしながらその後も私の陰毛への執着は変わりませんでした。むしろ次に見た子のそれが顔に似合わず剛毛だったため余計にかもしれません。体質なので人それぞれなのはわかります。だから薄い方がいいとか濃いほうがいいとかの話じゃないんです。いわゆるギャップ萌えというヤツでしょうか。むしろ見た目からは決して判断出来ないからこそ、それを想像するのがとにかく楽しくて興奮しちゃうんです。

詰まるところ三つ子の魂百までというように、思春期に刻み込まれたそれはいい大人になった今でも変わりません。だから私は未だに女性を見ると想像してしまうのです。どんなおっぱいなのかとか、どんな乱れ方をするのかなんて想像する前に、必ずといっていいほどその子がどんな陰毛をしてるのかが気になり、そして相変わらずそこに並々ならぬ興奮を覚えてしまうのです。

橘梨紗 コスプレ連続激イキ


陰毛といえばすぐさま思い浮かべてしまうのがこの女優さん。元国民的アイドルに相応しい顔立ちとは裏腹に驚くほど蓄えられた股間の密林、初めて目にした時はとにかく衝撃的でつい何度も繰り返し見直したものです。だっていくらモザイクがかかるとはいえそこに注目がいくことは百も承知だろうに、それでも敢えて処理などせずありのままの自分で挑んだその姿勢はもはや感服のひとこと。ただあまりのインパクトから陰毛にばかり目がいきがちですが、もちろん彼女の魅力はそれだけではありません。意外と大きなおしりしかり、見事な感じっぷりしかり、ようやくセックスでイけるようになったこの作品では、可愛い顔して貪るように腰を動かす姿がなんともまたたまりません。