FC2ブログ

記事一覧

イクという言葉について考えてみる

その昔、日本ではイクなのに外国ではなぜ I'm coming! なのか不思議でなりませんでした。まだ英語が選択科目だった時代の人間なので come は来るであり go が行くじゃないのかと、なぜ相反するベクトルに向かうのだと首を傾げたものです。


日本語圏と英語圏では視点が異なる

そもそもイクとは性行為において絶頂に達するまたは向かうという意味です。おそらく英語圏でも同じ意味として使われていると思います。しかしながら絶頂に向かう=行くと考えると、やはり英語の come はどこか真逆の方向性を持つ言葉に思えてなりません。

ですが結論から言うとイクと come は同義であり、そもそも間違っているのは come を来ると訳してしまうことにあるようです。もちろん come=来る しかり go=行く なのに違いはありません。そこではなくむしろ用法、英語圏における come/go の関係性と日本語圏における 来る/行く の関係性は思いのほか重きが置かれる視点が異なるようなのです。


あくまで表現感覚の違い

そもそも日本語圏における来るや行くの用法は、私が行く のように話者であったり、あなたが来る のように動作主であったりの現在位置を中心と捉えて使用されます。しかしながら英語圏においての come や go は話者よりもむしろ相手側あるいは視点が置かれた任意位置を中心と捉えて使用されるのです。

わかりにくいですね…… そもそもがお国柄による表現感覚の違いなので理解しようするものでもない気がします。なので単純に特に深く考えず、英語圏ではそうなんだ、なんてさらりと納得するくらいがちょうどいいんじゃないかと思います。


視点に向かうのか遠ざかるのか

もの凄く簡単に言えば come は視点に向かっている go は視点から遠ざかっているイメージで使用するものらしいです。例えば日本語で こっち来いよ?→いま行く なんて会話を英語にすると Come here!→Yes,I'm coming のように視点となる話者に向かっているので come を使うわけです。逆に こっち来いよ?→いや今日は家に帰る なんて会話を英語にすると Come here!→No,go home today のように視点つまり話者から遠ざかっていくため go を使うわけなのです。

ちなみにあまり言うとこんがらがってしまいますが I'm coming も I'm going も訳せばどちらも今行くとなります。ただ先の例に当てはめると、話しの視点に対して come は向かっている go は遠ざかっているのですから――つまり ご飯出来たよ→今行く ならば話者に近づくので I'm coming を使いますが I'm going は使いません。ですが 学校遅れるよ→今行く ならば話者からは離れるため I'm coming は使わず I'm going を使うというわけです。


向かうは絶頂あるのみ

さてさてここまでくるともはや答えは見えたも同然。イクとは絶頂へと達する、つまり絶頂という任意視点に向かっていくのですから イク、イっちゃう→Oh! I'm coming! といった具合に come が使われるのが適切なわけです。もちろん男の場合も一緒ですよ?いくら精子が遠ざかるからといって Oh! I'm going! なんて口走った日には、それこそ女性から真顔でWhere?(どこに?)なんて尋ねられてしまいますのでご注意ください。