FC2ブログ

記事一覧

女性器について考えてみる

男が太さや大きさを気にするように、女性はデリケートゾーンの色や形について悩んでいる人が多いようです。確かに黒ずんでいると遊んでいるなんていう迷信はいまだ根強いですが、ぶっちゃけそんな気にすることじゃないと思うのは私だけでしょうか。とりあえず例によってまたちょこちょこっと調べてみました。


メラニンよりも女性ホルモン

女性はあまり知らないかもしれませんが、男性器だって幼い頃は普通に肌色です。しかしながら陰茎や陰嚢はメラニン色素が多く、個体差こそあれ成人するとともに黒ずむのは当たり前のことなのです。ついでにいうとヤリチンは黒光りしているなんて話もありますが――まあ摩擦による色素沈着はあるのであながち嘘ではありません。ですがそれを言ったらオナニーのしすぎでも同じことが言えるわけで、たんに見栄を張って黒さ=経験数と言い張ってるだけかもしれませんよ?

しかしながら女性器となると話は少し違ってきます。そもそもメラニン色素がないわけではありませんが男性ほど多くはなく、むしろ妊婦さんなどを見ればわかるように女性ホルモンの分泌量こそが黒ずみの大きな要因、決して遊びすぎだなんてくだらない理由ではないのです。ただ、だから幼女と老婆は黒ずみが少ないのか――なんて言われても見たことないので私にはわかりかねます。


下着選びは意外と重要

また意外と知られていないのが下着の締め付けです。デリケートゾーンなんて呼ばれるとおり女性のそこは色んな意味でデリケート。その皮膚は体の中で最も薄いとさえ言われています。なので肌に合わない素材や過度の締め付けにより乾燥しがちなのはもちろん、掻いたり擦れたりするだけで色素沈着が起こりやすくなり黒ずみの原因となりやすいのです。

さらにいえば荒い過ぎとか拭き過ぎも大敵です。清潔を保ちたいがばかりに過度の刺激を与えてしまうと色素沈着はもとより乾燥の原因にもなりますのでほどほどにしておきましょう。


見た目になんて男はこだわっていない

ちなみに形が千差万別なのは当たり前です。男だってそうなのですから気にする必要なんてどこにもありません。そもそも女性器の理想の形ってなにって感じです。陰唇が薄いほうがいいとか恥丘が盛っているのが好きだとか、そんなのはすべて好みの話じゃないですか。締まりがきついほうがいいとか、狭いほうがいいとか、そんなこと言ってたらむしろ女性のほうが男性器にひところもふたことももの申すことがあるはずです。

詰まるところ男は女性器の色や形=見栄えになんてこだわりはないのです。せいぜいこの子はこんななのか程度の認識で、絵に描かせたら断然女性のほうが相手の性器を明確に捉えていると思います。視覚で興奮を憶えるクセによく認識していないだなんておかしな話ですが、だってどんな色をしていようがどんな形状をしていようが女性のそこは総じてエロいんですもの。そこに善し悪しを求めるなんてナンセンスな話なんです。