FC2ブログ

記事一覧

男性器について考えてみる

女性器について考えてみましたのでついでに男性器についても色々調べてみました。結論から言うと女性のように色や形で悩んでいる男はほとんどいません。むしろ太さであったり長さであったりとその見た目を気にしており、その大半は自分の性器に自信を持てないで悩んでいるようです。


まずは長さから

日本人男性における男性器の長さは平均して13.56cmとされています。これは天下のTENGAによるあなたにピッタリのTENGAを探すTENGA FITTINGからの情報で、おおよそ50万人のユーザから算出された数字となっており、かなり信頼出来る数値ではないかと思います。

平均値だと胸を撫で下ろすかたもいれば平均以上だと喜ぶかたも、中には自分のは平均以下だと知りがっかりした方もいるかもしれません。しかしながらこれはあくまで自己申告の数値です。もちろん自分にあったTENGAを利用したいがためのものですから、限りなく正確なものだとは思いますが、あくまでもTENGAユーザの平均だというのをお忘れなく。日本の人口は1億2千万人、そのうち男は6千万人、そのなかの50万人なのですから0.8%、つまりは1割はおろか1分にも満たない人数による平均値ですので、そこまで鵜呑みにして肩を落とすほどのことではないと思います。

あと、これまたあくまで統計としての話ですが、多くの女性は長さよりむしろ太さにのほうが性的な刺激の重要な要素だと判断しているらしいので、さほど悲観することもないと思います。


次に太さです

男性器の太さというとまず考えられるのは陰茎、つまりは竿部分の太さかと思います。TENGA FITTEINGの情報によると男性器の太さは平均3.19cmとなっており、500円玉が26.5mmなのを考えるとなんとなく想像がつくかと思うのですが――なるほどねぇって感じです。はい。

これが太いのか細いのかは抜きにして、注意したいのは陰茎は決して同一径の円筒ではないということです。大半はほぼ同一の直筒型のようですが、けれどやはりそこは当然個体差のあるものですから、根元が太いかたもいれば中間部が太いかたもいるのです。


ちなみに女性器は

女性器もまた個体差により様々なのはもちろん、産道でもある性質上これといった数値は算出出来ません。ただ平均的な数字としては奥行きが12cm、入口の直径が3cmとされているため、いわゆる男性器の平均値とほぼほぼ一致しています。

先に述べたとおり、女性は長さより太さにのほうが重要とされていますが、考えても見て下さい。12cm程度しかない膣内をそれ以上の長さのもので突き上げるとどんな感覚がすると思いますか?子宮の入り口が刺激されて気持ちいいと感じるかたもいると思いますが、限度を超えるとそれは痛みに結びつきかねません。また、女性だって必ずしも平均であるとは限りません。なかには子宮までの距離がそれほど長くないひとも沢山います。


重要なのは相性です

もちろん大っきければ大っきいほどいいなんていう女性もいます。そういう女性はもともと子宮までの距離が長いか、あるいは奥を突かれるのが感じるのかもしれません。けれど大っきすぎるのは痛いから嫌だという女性も案外少なくないのです。そういう女性は子宮までの距離が短いか、あるいは奥より入口の方が感じるのかもしれません。

詰まるところ長い短いを決めるのは得てして相性でしかないのです。大柄な男性だから必ずしもそこが長いかというわけでもなければ、小柄な女性だから短くても平気というわけでもなく、どんな長さであれお互いが満足出来さえすれば何も問題無いのです。