FC2ブログ

記事一覧

Gスポットについて考えてみる

女性が中イキするために知っておきたい性感帯のひとつGスポット。ドイツの産婦人科グレフェンベルグが発見したからその頭文字を取ってGがついたらしいですがそんなことはどうでもよくて――それがいったいどこにあるのか、そこをどうすればいいのかを色々調べてみました。


まずは場所探しの旅

Gスポットは恥骨の裏側、膣口からおおよそ2~4cmの場所に位置します。よく指を入れて第二関節を曲げた時に指先が当たる辺りなどと言われますが、あまりにもアバウト過ぎてよくわかりませんよね。しかしながらGスポットの位置は個人差があり、当然目印があるわけでもないので、ここだとはっきり言いきれないのもまた致し方のないことなのです。だいたいこのあたりということさえわかればあとは根気よく探す他ないのです。

とはいえ目安となる特徴はいくつかあります。触れるとザラザラしていたり(ツルツルしている人もいます)、感じてくると徐々に膨らんできたりしますので、それだけでもなんとなくここかなという場所がわかるはずですが、その最たるはやはり女性の反応でしょう。誰しも気持ちいい場所に触れられると体が勝手に反応します。なにより脊髄反射は意識的に止められるものじゃないため、とにかく女性の反応をよくみて気長に根気よく探せばきっと見つかるはずです。


刺激はあくまで優しく

なんとなく場所がわかれば、あとはそこに指先で軽く振動を与えてあげるだけです。振動といってもバイブのように激しく震わせる必要はまったくありません。優しくノックするような感じで、Gスポットの向こう側にある恥骨を震わせるイメージで刺激を与え続けるのです。間違ってもそこに激しさなんて微塵も必要ありませんので、くれぐれも無茶して女性の体を傷つけないよう注意しましょう。

よくある話でGスポットを攻めているつもりが実は膀胱を刺激していたなんてことがあります。Gスポットと恥骨の間には尿道がありその奥には膀胱があります。つまりはあまり奥まで指を挿し込んでしまうとGスポットを越え膀胱の裏側を刺激することになるのです。もちろん指先だけでそれを判断するにはそれなりに経験が必要かもしれませんが、コツとしてはあまり奥を刺激しない、むしろ膀胱かなと思う位置から少し手前を探っていくのが正確な場所を知る近道かもしれませんね。


女性からみた中イキの感覚

こればかりは女性にしかわからないことですが、得てしてその多くが直前に軽い尿意を感じるみたいです。ただ困ったことに膀胱を刺激しても尿意を感じるため、それがどちらの感覚なのかは女性の判断に委ねるしかありません。ですが逆に考えると尿意を感じたらあとひと息のところまで来ているともいえます。

先にも述べた通りGスポットと恥骨の間には尿道があり、膀胱周辺を刺激しているのだから尿意を催すのは至極当然。だから心配無いよ、大丈夫だよと女性に言い聞かせ、そこからは快楽よりもどれだけ安心感を与えられるかが最大のポイントかもしれませんね。