FC2ブログ

記事一覧

おっぱいにの扱いについて考えてみる

男ならみんな大好きおっぱい。女性の象徴であり男にはないものだけに見るだけでも興奮するのは当然です。男は揺れるものを好んで見る習性があるなんて話も聞きますが、それだけでは説明がつかないほど女性の胸には目を奪われてしまいますよね。今回はそんなおっぱいをどう扱えばいいのかのお話です。


揉む

まずなにはともあれ優しく揉むことを常に心掛けましょう。よく聞く言葉だけにおざなりにしがちですが、そもそも乳房そのものに性感帯はほとんどありません。いわゆる脂肪の塊なのでおしりとおなじです。自分にないものだけにとかく夢中になりがちですが、気持ちいいのは男だけで女性は揉まれてもさほど感じていないことを忘れてはいけません。ただそれでも女性はその行為に興奮するのです。男が興奮しているのを見てというのもあるでしょうが、乳房を揉まれているという行為そのものに興奮しているのです。つまり揉むという行為で一番重要なのはどれだけ女性を興奮させられるかです。なので気持ち良くさせようと考えるのではなくやらしい気分にさせるような触り方をするのが効果的なのです。もちろん優しく扱うのが大前提なのをお忘れなく。

また揉むとひとことにいっても男の手の大きさと女性の胸の大きさによってその方法は大きく異なります。ちょうどいいというのは意外と少ないもので、少なからずどちらかが大きいまたは小さいものなのです。それに応じて力加減を変えなければ女性に痛みを与えたりただくすぐったいだけだったりと愛撫の意味がなくなりますので注意しましょう。


指で刺激する

どこを刺激すかといえばもちろん乳首です。女性の胸の性感帯はすべてがそこに集約されています。ただすぐにそこを刺激するのはいただけません。じっくりと乳房を揉んで充分なまでに女性を興奮させたうえで触れてこそ効果を発揮するのです。

触れるのはもちろん指先です。指の腹で転がすように何度も触れたのち、女性の反応を見ながら指先で軽く摘みます。摘むのもあまり力をいれず指の腹で擦る感じで、力下限はあくまでも反応次第で臨機応変に変えていきます。強く抓られるほうが感じる女性もいますがそれは希だと思ったほうがいいでしょう。あくまでも優しく撫でるように攻めるのがポイントです。


舌で舐める

最初に舌で舐めるのは乳首ではなく乳輪周りです。舌先でその外周をなぞるように舐めながら徐々に中央の乳首へと移動していきます。乳首は転がすように舐めるのが基本です。くるくると舌を絡めながら、徐々に唇で挟み込み、軽く吸い上げながら口内で舌先を使って刺激するとさらに効果的です。

注意したいのはつい片方の乳首ばかり攻めてしまいがちなところでしょうか。片方を舌で攻めている時はもう片方を指で攻めましょう。そして時折それらを入れ替えましょう。両方感じる女性もいれば、右が感じたり左が感じたりと様々なのでそこは反応を窺いながら見極めるしかありません。もちろん乳房を愛撫しながら興奮を高めてあげるのも効果的です。その際ただ揉むだけではなくアンダーバストを持ち上げるようにしながら揺らしてあげるのもいいかもしれません。乳房に性感帯はほとんどないと書きましたがアンダーバスト周辺には性感帯があります。持ち上げてそのラインを舌で刺激してあげると案外感じる女性も少なくありません。

なんにせよあまり乳首ばかり攻めると刺激が強すぎて痛くなる女性もいますので、焦ってそこばかり攻めすぎないよう心掛けましょう。