FC2ブログ

記事一覧

セルフプレジャーについて考えてみる

セルフプレジャーという言葉をご存知でしょうか?男性はあまり聞き馴染みがないかもしれませんが自慰行為、いわゆるオナニーのことを意味します。2010年あたりから使われはじめたようですが意外と女性の間では浸透しているみたいですよ?最初聞いた時はまた誰かがオシャレな言葉で俗世を操ってるなんて思いもしましたが、考えてみればオナニーなんて言葉を口にするのは男でさえかなり恥ずかしいもの。ひとりエッチなんて言葉もありますがこれもまたすでに浸透してしまい露骨に行為を連想させます。そう考えるとこうした新しい言葉が出来るのは案外いいことなんじゃないかと思うのです。それで女性の自慰に関する話題の敷居が下がるなら男にとってはむしろ歓迎すべきことなのかもしれません。


セルフプレジャーとは

セルフプレジャーとは文字通り self=自分自身 と pleasure=悦び を合わせた造語です。意味を知っていればまさに直球な気もしますが、そもそも美容関係でよく使われるセルフ○○って言葉は男にとってわかるようでわからない、なんとなくふわっとしたニュアンスでしか捉えていないものなので、案外いい感じに隠語として使いやすいのかもしれません。

たださすがにちょっと長すぎな気もしますよね。もともとのオナニーが短かっただけに言いづらさが増したような気もします。言葉なんて浸透したら略されるものですが、セプレじゃちょっと別の響きに聞こえてしまいそうだしでなかなか難しそうですね。


美容とセルフプレジャー

セルフ○○という言葉を聞くとどうしても美容関係を連想しますが、実際セルフプレジャーは単なる快楽行為だけにとどまらず、様々な美容効果があることもまた全面に打ち出しています。これはもともとオナニーでも言われていたことですが、オナニーでは淫靡な響きが強いあまりどこかこじつけにしか聞こえず、それほど深くは浸透しませんでした。

ですが女性が興奮するとエストロゲンとプロゲステロンが大量分泌されるのはもはや周知の事実。セルフプレジャーをするだけで、これら女性ホルモンが活性化して血行が良くなるのはもちろん、肌や髪のつや、バストアップなど女性の体にさまざまな効果をもたらしてくれるのです。

なかでもエストロゲンは自律神経に大きく関わる女性ホルモンです。自律神経が不安定だとイライラやモヤモヤが募ります。不安になりやすかったり気分が落ち込んだりするのもまた自律神経が原因だったりします。こういう時こそセルフプレジャーしてエストロゲンを分泌させるのです。眉唾に思えるかもしれませんが事実終わった後はスッキリしますよね?よく眠れますよね?それこそがまさに自律神経が安定した証拠なのです。

逆に自律神経が不安定だとそういう気分にさえなりにくかったりもします。これを逆手に取って体調管理している人も少なくないとか。自律神経が整っていれば生理周期やその痛みも安定しますし子宮筋や子宮内膜の働きを調整してくれます。つまりセルフプレジャーは美容はもちろん健康維持のためにも一役買ってくれているといっても過言じゃないのです。


セックスとセルフプレジャー

もちろんこれは似て非なるものですが、感情というややこしいものを抜きに考えると分泌される物質やその効果はほとんど同じです。そりゃそうですよね。やってることは同じなんですもの当たり前です。ある意味妊娠の心配がないぶんセルフプレジャーに軍配が上がりそうな勢いです。でももちろんそれはあくまで感情を切り離して考えているからの話であり、ある意味セルフプレジャーで得られる快楽はセックスでも得られます。ただセックスで得られる快楽はセルフプレジャーでは得ることが出来なかったりするため、セルフプレジャーに虚無感を感じるとしたら少なからず理由はそこにあるのかもしれません。

しかしながらセックスはパートナーがいなくては出来ないけれど、セルフプレジャーはパートナーがいてもいなくても出来るなんてメリットもあります。なのでパートナーがいるからセルフプレジャーはしないなんてのはちょっと勿体ない気もするのです。相手がいないぶん気兼ねなく色んなことを試せばいいのです。気持ちいい場所を探すのもよし、そこを開発しちゃうのもまたよし、セルフプレジャーはセックスを最大限に楽しむための下準備とも言えるのです。