FC2ブログ

記事一覧

寝バックに並々ならぬ執着があります

後背位のバリエーションのひとつである寝バック。男からすれば動きにくいしあまり気持ち良くないしで特に好ましい体位ではありませんが、女性からすると正常位に続く人気の高い体位だというのをご存知でしょうか。まるでマッサージでもされているように体をうつ伏せにしているだけで、さほど激しい動きでもないのに気持ちよくて中イキまでしちゃう。そんなあからさまに女性が喜ぶ寝バックを男なら極めない手はないでしょう。


寝バックのやり方


とはいえそのやり方は特に難しいものでもなく、うつ伏せになった女性に跨って挿入するだけです。後はゆるゆると腰を動かすのみですが、奥まで挿入しづらいがため抜けやすいので慣れないうちは加減が難しいかもしれません。特に相手の女性のおしりが大きければ大きいほど挿入感は浅いので、指で尻たぶを持ち上げるなどしてうまく調整してやりましょう。また覆い被さるように体を密着させて女性に安心感を抱かせるのもひとつのポイントです。その時耳元で優しい言葉を囁くも良しですが、後背位しかりどこか犯されてる感の強い体勢に女性は興奮していますから、敢えてエッチな言葉でその興奮を煽ってやるのも案外効果的だったりします。


寝バックのメリット


女性にとって寝バックのメリットはなにはさておき体勢が楽だということでしょう。なにせベッドにうつ伏せになっているだけでいいんですからね。大きく足を開く必要のある正常位よりも楽かもしれません。それでいて顔を見られないのもまた大きなメリットのひとつです。女性にとって感じている顔を見られるのは恥ずかしいもの。男からすればずっと見ていたいものですが、感じれば感じるほどに顔の歪みが気になり集中出来ないなんて女性は少なくないらしいです。そしてなにより最大のメリットは中イキしやすいということでしょうか。いままで中イキなんてしたことがない女性でさえ簡単にイけたなんて話があるほど女性にとって寝バックはとてもイきやすい体勢なのです。なんとかして女性をイかそうとしている男としては目から鱗のような話ですね。

ちなみに男にとって寝バックのメリットはなんでしょう。実際先に述べたとおり動きにくいしあまり気持ち良くないしでメリットはなさそうな気もしますが、裏を返せば長持ちすしやすく早漏防止に繋がるということです。それでいて女性をイかせられる可能性を秘めているのですから、これ以上のメリットなんてそうそうないんではないでしょうか。


寝バックのデメリット


デメリットというのもなんですが、上つきの女性はやはり痛みを伴う可能性があるため注意が必要です。たいていの場合後背位から寝バックの流れになると思いますが、後背位で痛いならば寝バックも当然痛いはずですので、その場合は諦めて上つきに適した体位へと移行しましょう。あと男にとってのデメリットはやはり抜けやすいといったところでしょうか。挿入感が浅いうえおしりの肉に邪魔され簡単に抜けがちです。なのでそうならないよう女性の足を閉じさせたり場合によっては少し女性の腰を上げさせるなど工夫が必要です。


なぜ寝バックはイキやすいか


最後になぜ女性がイキやすいかですが、その秘密は体勢と刺激される場所にあります。まず体勢ですが、寝バックは女性にとって楽である以上に足をピンと伸ばした状態であるためとてもイキやすい体勢なのです。いわゆる足ピンオナニーと同じ理屈ですね。オナニーでイク時に足をピンとさせるクセがある女性なんかはいわずもがなかもしれません。そしてその状態で挿入された時、寝バックでは角度的にちょうどGスポットを刺激します。Gスポットは膣口から3cmほどのお腹側にありますが、寝バックで挿入するとちょうどそこに亀頭が当たりやすいのです。つまり楽な姿勢でリラックス出来るなか、ただでさえイキやすい体勢でGスポットを刺激されるのですから、中イキ経験者はもちろん未経験者でさえ知らぬ間にイっていたなんてことも充分ありうる体位なのです。

どうでしょう。女性をイかせたい男にとってはまさに目から鱗のような体位ではないでしょうか?ちなみに腰を動かしにくくあまり気持ち良くないと書きましたが、実際慣れてくると太股をきつく閉じさせたりすれば男だってちゃんと気持ち良くイけます。なにより女性が感じてくれるのですから、その姿を見てるだけで充分興奮すること請け合いです。はい。