FC2ブログ

記事一覧

足ピンオナニーについて考えてみる

足ピンオナニーというのをご存知でしょうか。その名の通り足をピンと伸ばした状態でするオナニーのことですが、これにはメリットもデメリットもありなにかと賛否両論です。個人的に気持ち良ければそれでいいと思うんですけどね。特にイけずにもやもやしてる女性には打ってつけですし、要は度を超えて常習的にならない程度ならいいんじゃないかと思うのですが――どうなんでしょう?


足ピンオナニーのやり方

やり方うんぬん以前に基本は足を伸ばした状態で行います。セックスより先にオナニーを覚えた女性は大抵がこの体勢だったりするらしいですが、セックスを経験したあとオナニーを覚えた女性は、無意識ながらもセックスの体勢を思い浮かべてしまい両脚を開くことが多くなるため、なかなかこの体勢になりにくいとかなんとか。

何はともあれベッドに仰向けになり両脚を真っ直ぐ伸ばします。その後利き手でクリトリスやGスポットを刺激しながら興奮の度合いに応じて太股やおしりに力を入れ、高みに登るにつれ足先をピンと伸ばします。ぶっちゃけこれだけで今まで絶頂を迎えたことがなかった女性も簡単にイけたりします。その理由は単純で、下半身に力を込めれば込めるほど膣内が締まり感じやすいから、なにより足先を伸ばすことにより下半身に力が入りやすいからに他なりません。


メリットとデメリット

メリットはもちろんイきやすいことです。そもそもイきやすい体勢なのだから当然のことなのですが、逆にデメリットはセックスでイきにくくなることです。なぜならセックスでは両脚を閉じ足をピンと伸ばす体勢になることがほとんどないから、足ピンの姿勢に慣れてしまうと力の入れ所がわかりにくくなり、結果イきにくくなるからあまりしないほうがいいと言われています。ただ裏を返せば力の入れ所さえわかればセックスでもちゃんとイけると思うんです。なんでもそうですが慣れてしまうとつい楽な方に流れてしまうもので、足ピンの姿勢は労せず力が入れやすいためそれに慣れると他の体勢でどう力を込めていいかわからなくなる、といった感じじゃないでしょうかね。

ちなみに寝バックだと足ピンとほぼ同じ状況となります。ただでさえGスポットを刺激されて気持ちいいのに、いつも通り力を入れるだけで簡単にイけるのですから、そりゃ女性に人気なはずです。


すべては筋力次第

メリットおよびデメリットに共通するのは力の入れ加減つまり問題となるのは筋力なのです。加齢はもちろん痩せすぎであったり太りすぎだったりすると筋力が低下していてイきにくくなります。それだけ絶頂には筋肉が必要ということなのですが、これまた裏を返せば足ピンせずとも下腹部に力が込められればイクことは可能なのです。よくアスリートが性欲強いなんて言われますが、実際筋力があるがゆえ絶頂にも達しやすく、トレーニングの最中に絶頂に達してしまうなんてことがあったりもするらしいです。コアガズムと言うらしいですが、まれに一切指を触れずにイクなんて女性もまたこのタイプかもしれませんね。

詰まるところ足ピンオナニーをしていたらセックスでイけなくなるというのはちょっと大袈裟で、力の入れ加減さえちゃんと出来ればどんな体勢であろうとイくことが出来ます。ただ足ピン慣れてしまうと力の入れ方を忘れてしまいがちだと、足をピンとしなきゃ力を入れられなくなってしまうとセックスでイきにくくなってしまうと、そういうわけです。はい。