FC2ブログ

記事一覧

玉舐めについて考えてみる

玉舐めとはその名の通り男性の睾丸、つまりは金玉を舐める行為です。そんなのAVの中だけだろうなんて思うなかれ。フェラテクのひとつとしては結構ポピュラーであり、上手下手に関わらず行為そのものに多大なる喜びを感じる男は少なくないのです。


睾丸は急所であり性感帯です


睾丸は男の急所とも言われ刺激の度合いによっては激しい痛みを生じます。けれど裏を返せばそれはとても敏感な部位である証拠であり、人によっては性的興奮を覚えるいわゆる性感帯にも成り得る場所だったりもするのです。しかしながら本能的に守るべき場所としての意識が高いからか、なかには不用意に触れられるのを極度に恐れる人もいます。玉舐めされたはいいが気が気でなかった、気持ちいいどころかヒヤヒヤした、なんて感想を持つ人も少なくないとか。もちろんそういう人に対して無理に行うほどの行為ではありません。前立腺が気もちいいとわかっていても肛門に指を入れられるのが受け入れられない人もいるのと同じです。ただ気持ちいいと感じる人もまた少なくないという話であり、そういう人にとっては最高のご褒美だったりもするのです。


玉舐めの基本


玉舐めといってもそれはあくまでフェラの延長線上にある行為です。竿を舐めるのと同じ感覚で行えば自然と取り入れられると思います。基本的にはどこを舐められても感じるくらい敏感なのですが、敢えて言うなら竿との付け根部分や陰嚢の中心線なんかは誰もが共通して気持ちいいと感じる場所のようです。その時竿を手で軽く押さえながら見せつけるようにしてやるとさらに効果的だったりもします。

そんなのテクニックでもなんでもなくただ恥ずかしいだけだ!と思う女性も少なくないかもしれませんが、実際男にとってはその女性が恥ずかしがる仕草こそが興奮を高める重要な要素なのです。客観的に見るとあざとかったり、わざとらしかったり思えていささか抵抗があるかもしれません。けれど男とは本当に単純な生き物で、そのあからさまにエロいと感じる仕草にとても弱いのです。なので玉舐めに限らず、フェラする際はちょっと大袈裟と感じるくらいにいやらしく舐めてあげるのが最大のコツだったりするのです。それだけできっと思いのほか陰茎が固くなるのがしっかりと見て取れるはずです。


慣れてきたら含んでみるのもあり


敏感な場所の最たるは睾丸そのものですが、それを口に含んで優しく転がしてやったりするとおそらく大抵の男は悶絶します。まさに得も知れぬ感覚が体中を襲い、くすぐったいやら気持ちいいやら不思議な感覚に見舞われてしまうのです。ただ本当に敏感な場所ですので出来る限り慎重にお願いします。おふざけはほどほどに、冗談でも歯を立てたり噛んだりすると本気の殴り合いに発展しかねませんから注意してください。

最後にどうでもいい知識ですが、睾丸は男の体の中で最も体温の低い場所となります。それはひとえに精子が高温状態に弱いためであり、常に体温よりも低い状態を保つ必要があるため、敢えて肉体から離れた袋状の陰嚢に収められているのです。気温や体温により伸び縮みするのは表面性器を変化させ冷却能力を調整しているとかなんとか。つまり暑い日はビローンと伸び寒い日はキュッと縮こまっているのはそういう理由なわけです。