FC2ブログ

記事一覧

四十八手【寄り添い(よりそい)】

寄り添い(よりそい)は非挿入系の体位であり愛撫、いわゆる前戯または後戯のひとつです。仰向けになった女性に寄り添うように横たわり、雰囲気作りはもちろん甘い言葉を囁いたり体を撫でたりと文字通り愛撫に徹する体位だと言えます。四十八手なんて仰々しい言葉の割にいきなりこれかよと拍子抜けかもしれませんが侮るなかれ、いつの時代も前戯および後戯はセックスにおいてとても大切な時間です。快楽を求めるがあまりおろそかにしてませんか?終わったらすぐに背を向け眠ったりしてませんか?セックスは心と体のコミュニケーションであり男と女にとって最高のスキンシップです。お互いの愛情を確かめ合うことにより、その後のセックスがいっそうよりよいものになるのは言うまでもありません。

実践にみる寄り添い

寄り添いの基本はただただ愛を深め合うだけです。見つめ合ったり囁き合ったりしながら、とにかくイチャイチャすることこそがこの体位の目的なのです。体に触れる時は極力優しくフェザータッチで、無理に感じさせようなんて考えることなく、ただただ確かめるようにお互いの体に触れあいこれからするであろう行為を想像して多いに興奮しましょう。くすぐったくて笑っちゃうかもしれません。徐々に陰部に変化が現れ照れ臭くなるかもしれません。けれどそれでいいのです。むしろ常にそうあるべきなのです。時間なんて忘れて、身も心も捧げ合うことこそが寄り添いでありセックスの本質でもあるのですから。

ちなみに充分なまでに寄り添いが行えたら徐々に鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)へと移行しましょう。鶯の谷渡りもまた愛撫に部類される非挿入系の体位ですが、寄り添いと鶯の谷渡りはセットみたいなものなので、お互いの意識がちゃんとひとつになっていれば、おそらく知らぬ間に自然と移行が出来ているはずです。

※参照動画:【BOVA】LOVE48 愛の48手組んでみた /Durex Real Love