FC2ブログ

記事一覧

四十八手とは

四十八手(江戸四十八手)と呼ばれるセックスの体位をご存知でしょうか。もともとは江戸時代に見返り美人の作者として有名な菱川師宣が刊行した春画「恋のむつごと四十八手」から来ており、相撲の決まり手に習い遊び心から名付けられたのが始まりだとか。それがなぜ日本の伝統的な性交体位の概念となったのかは定かではありませんが、いくつか突飛なものはあるもののそのほとんどはなるほどと頷けるものばかり。なかには知らず知らずのうちに取り入れている体位もあったりして思いのほか見応えがあります。もちろん全部覚える必要なんてどこにもありませんが、マンネリ解消はもちろんパートナーとのちょっとした会話ネタにも使えるので、一度は目を通しておくくらいの価値はあると思います。ちなみに後に刊行された「好色いと柳」で紹介された体位は裏四十八手なんて呼ばれていたりします。

しかしながら、セックス 四十八手などで検索すればその詳細を様々なサイトで紹介してくれているにもかかわらず、さすがに四十八手もあると闇雲に見ただけでは覚えるどころか違いさえよくわからなかったりします。なのでここではそれらを参考に、個人的主観ではありますが、よく聞く一般的な体位に区分して簡単に紹介したいと思います。もちろんいきなりすべてを覚えられるわけもなく、明日から実践に導入するなんてのは無理がありますが、体位ごとに見ると思いのほか理に適っていたりするので、気長に少しずつ覚えながらパートナーとのマンネリ解消にでも役立てれば幸いです。


非挿入系(愛撫・クンニ・フェラ・シックスナイン)

四十八手といっても必ずしも挿入するものばかりではありません。いわゆる愛撫の一環である「寄り添い」「鶯の谷渡り」に始まり、クンニでは「立ち花菱」「鵯越えの逆落とし」「岩清水」、フェラでは「千鳥の曲」「雁が首」、シックスナインでは「二つ巴」「椋鳥」と四十八手中九手は非挿入系となります。しかもそれぞれを見てもらえればわかるとおり洒落た名前がついているだけで案外実践しているものが多いですよね。「立ち花菱」はまんまクンニですし「岩清水」はいわゆる顔面騎乗位、「千鳥の曲」と「雁が首」はフェラの体勢違いだし、「二つ巴」「椋鳥」もまたシックスナインの男女位置違い、「鶯の谷渡り」はただの愛撫だし「寄り添い」に至ってはセックスどころかキスすらこれからといった感じで、この程度なら四十八手恐るるに足らずですね。たださすがに「鵯越えの逆落とし」はどうかと思いますが……。
愛撫:寄り添い(よりそい)詳細はこちら →Google画像検索
愛撫:鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)詳細はこちら →Google画像検索
クンニ:立ち花菱(たちはなびし)詳細はこちら →Google画像検索
クンニ:鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)詳細はこちら →Google画像検索
クンニ:岩清水(いわしみず)詳細はこちら →Google画像検索
フェラ:千鳥の曲(ちどりのきょく)詳細はこちら →Google画像検索
フェラ:雁が首(かりがくび)詳細はこちら →Google画像検索
シックスナイン:二つ巴(ふたつどもえ)詳細はこちら →Google画像検索
シックスナイン:椋鳥(むくどり)詳細はこちら →Google画像検索


正常位系

男が上に女性が下になる体位を正常位系とすると、「深山」「つり橋」にはじまり屈曲位となる「だるま返し」「理非知らず」、伸長位である「しがらみ」「しめ小股」「千鳥」にちょっと異色な「てこがかり」の八手でしょうか。「深山」「つり橋」なんかはよくやる正常位の一種ですが、屈曲位となる「だるま返し」「理非知らず」や伸長位である「しがらみ」「しめ小股」「千鳥」はほんと微妙な違いですよね。ただ「てこがかり」なんてAV以外で見たことねぇよ!と突っ込みたくなるくらい実践するにはかなり勇気がいりそうです。
正常位:深山(みやま)詳細はこちら →Google画像検索
正常位:つり橋(つりばし)詳細はこちら →Google画像検索
屈曲位:だるま返し(だるまがえし)詳細はこちら →Google画像検索
屈曲位:理非知らず(りひしらず)詳細はこちら →Google画像検索
伸長位:しめ小股(しめこまた)詳細はこちら →Google画像検索
伸長位:しがらみ詳細はこちら →Google画像検索
伸長位:千鳥(ちどり)詳細はこちら →Google画像検索
背面位:テコがかり(てこがかり)詳細はこちら →Google画像検索


騎乗位系

男が下に女性が上になる体位を騎乗位系とすると、「茶臼のばし」「御所車」「百閉」「時雨茶臼」「宝船」「流鏑馬」「首引き恋慕」の七手がそれに相当するかと思います。あまりに微妙な違いばかりで細分化の余地がないですが、敢えてするならSMチックな「首引き恋慕」「流鏑馬」はさすがにちょっと異色かもですね。あと「宝船」は交差位とも言えそうですがあくまで女性が上なのを重視して騎乗位系としました。
騎乗位:茶臼のばし(ちゃうすのばし)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:御所車(ごしょぐるま)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:百閉(ひゃくへい)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:時雨茶臼(しぐれちゃうす)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:宝船(たからぶね)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:流鏑馬(やぶさめ)詳細はこちら →Google画像検索
騎乗位:首引き恋慕(くびひきれんぼ)詳細はこちら →Google画像検索


座位系

座位系には男が下に女性が上になり向かい合う対面座位として「獅子舞」「帆かけ茶臼」「抱き地蔵」「こたつ隠れ」、女性が後ろを向く背面座位として「こたつかがり」「乱れ牡丹」「撞木ぞり」「手懸け手懸け」「しぼり芙蓉」「鳴門」「本駒駆け」の十一手あります。とはいえ「こたつかがり」なんてこたつがなければ背面騎乗位だし、「撞木ぞり」に至ってはもはや座ってさえいませんね。
対面座位:獅子舞(ししまい)詳細はこちら →Google画像検索
対面座位:帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)詳細はこちら →Google画像検索
対面座位:抱き地蔵(だきじぞう)詳細はこちら →Google画像検索
対面座位:こたつ隠れ(こたつがくれ)詳細はこちら →Google画像検索
背面座位:こたつかがり詳細はこちら →Google画像検索
背面座位:乱れ牡丹(みだれぼたん)詳細はこちら →Google画像検索
背面座位:撞木ぞり(しゅもくぞり)詳細はこちら →Google画像検索
背面座位:手懸け(てがけ)→Google画像検索
背面座位:しぼり芙蓉(しぼりふよう)→Google画像検索
背面座位:鳴門(なると)→Google画像検索
背面座位:本駒駆け(ほんこまがけ)→Google画像検索


測位系

男が後ろに女性が前に横になる測位系には「浮き橋」「窓の月」「菊一文字」の三手があります。が、「浮き橋」なんて見ようによっては後背位崩れです。あと「窓の月」に至っては測位ではあるものの交差位と呼ぶべきかもしれませんね。
側位:浮き橋(うきばし)詳細はこちら →Google画像検索
側位:窓の月(まどのつき)詳細はこちら →Google画像検索
側位:菊一文字(きくいちもんじ)詳細はこちら →Google画像検索


交差位系

あまり聞き慣れない体位ですが男女の足が交差した体位を交差位と呼び、「つばめ返し」「松葉崩し」「立ち松葉」の三手がその代表とされます。ぶっちゃけ四十八手と言えば「松葉崩し」が有名ですよね。女性同士の性行為においても有名な体位かもしれません。まあ見ての通りどれも難易度が高く、「立ち松葉」に至ってはよもやこれからプロレスの技でも仕掛けられるのではと女性は怯えてしまいそうです。
交差位:つばめ返し(つばめがえし)詳細はこちら →Google画像検索
交差位:松葉崩し(まつばくずし)詳細はこちら →Google画像検索
交差位:立ち松葉(たちまつば)詳細はこちら →Google画像検索


後背位系

男が後ろで跪き女性が前に倒れ込む後背位として「鵯越え」「押し車」「抱き上げ」、男が後ろで立ついわゆる立ちバックとして「碁盤攻め」「仏壇返し」「うしろやぐら」の六手があります。そもそも「鵯越え」はまんま後背位ですよね。「押し車」「抱き上げ」はよくAVで見たことあるアレです。立ちバックももはやポピュラーな体位で「碁盤攻め」「仏壇返し」「うしろやぐら」すべて女性の手の位置がどこにあるかの違いだけです。
後背位:鵯越え(ひよどりごえ)詳細はこちら →Google画像検索
後背位:押し車(おしぐるま)詳細はこちら →Google画像検索
後背位:抱き上げ(だきあげ)詳細はこちら →Google画像検索
立位:碁盤攻め(ごばんぜめ)詳細はこちら →Google画像検索
立位:仏壇返し(ぶつだんがえし)詳細はこちら →Google画像検索
立位:うしろやぐら詳細はこちら →Google画像検索


立位系

最後に文字通り立って挿入する立位系として「立ちかなえ」があります。これもよくAVで見たことあるヤツですが、実際やってみると男にはかなりきつい体位でありどうやって腰を動かしていいのか迷っちゃいます。ちなみにこのまま女性を抱きかかえるといわゆる駅弁ですね。
立位系:立ちかなえ(たちかなえ)詳細はこちら →Google画像検索


同意の上で楽しみましょう

とまあ、あくまで個人的主観で体位区分してみましたがどうだったでしょうか。四十八もあると考えるとげんなりしますが、体位ごとにわけて考えるとそれほど多くないような気がしませんか?松葉崩しや仏壇返しなんて聞くと言葉の仰々しさに引かれる感じもしますが、普通にバックしながら「これって源平合戦の時に義経が平家に背後から奇襲をかけた鵯越えからその名前がついてるんだよ?」なんて洒落たうんちくを言うと感心される――かもです。ただ調子に乗って「そしてこれが鵯越えの逆落とし」なんてやって怒られても責任は持ちませんのであしからず。実際いきなりされると驚くだけでなく体位によっては怪我しかねないものもありますから、実践に導入する際はちゃんとパートナーに同意を得た上で楽しみましょうね。