FC2ブログ

記事一覧

四十八手【鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)】

鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)は非挿入系の体位であり愛撫、いわゆる前戯のひとつです。仰向けになった女性に覆い被さるようにしながら唇で体全体をついばむように愛撫していく体位です。寄り添いに続きこれもまた愛撫かと肩を落とすかもしれませんが、女性は寄り添いよりもいっそう高い興奮が得られるため、より多くの愛液を分泌させることとなり、ひいてはその後の挿入をスムーズなものにしてくれる必須の体位と言えます。また、ここで女性をどれだけ焦らせられるかでその後の快感が大きく違いますから、男性にとってはまさに腕の見せ所です。どれだけ時間を掛けても構いません。むしろ焦れて我慢の限界に達した女性のほうから求めてしまうくらいまで徹底的に愛撫してあげましょう。


実践にみる鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)

基本的には寄り添い(よりそい)からの流れで行われる愛撫の一環となりますが、重要なのは手を使わず唇と舌でのみ行うことにあります。その際はただ舐めるだけでなく吸ったりなぞったりと考え得る手段すべてを駆使して愛撫しましょう。そしてなにより谷渡りの名に恥じぬよう、特定の部位だけではなく体の全体を刺激してあげるのが最大のポイントです。女性の体はなにも胸だけが性感帯ではありません。脇しかりおへそしかり鼠径部や腰骨なんかも感じる女性は結構いるのです。時にはそんなところまでと思わすような場所も責めてあげましょう。ただし重要なのは女性が感じてこその行為ですので、独りよがりにならないよう常に反応を窺いながら行うよう注意が必要です。

充分なまでに女性を感じさせられたなら、そのまま立ち花菱(たちはなびし)へと移行するのがお薦めです。立ち花菱はいわゆるクンニであり、鶯の谷渡りの延長とも言えそうですが、慌てて移行しては元も子もありません。逸る気持ちを抑え、女性を焦れに焦れさせたのち、ここぞとばかりに移行することで最大限の効果が期待出来るのです。

※参照動画:【BOVA】LOVE48 愛の48手組んでみた /Durex Real Love