FC2ブログ

記事一覧

四十八手【立ち花菱(たちはなびし)】

立ち花菱(たちはなびし)は非挿入系の体位でありクンニリングス、いわゆるオーラルセックスのひとつです。仰向けになった女性に両脚を広げさせ、舌や唇で性器を刺激しますが、通常のクンニリングスとは異なり女性の下に枕などを敷いていっそう腰を高く上げさせるのが大きなポイントとなります。これにより男性は刺激しやすくなるだけでなく、女性器が丸見えとなるため視覚効果による興奮が増し、女性もまた恥ずかしさから感じやすく、いつも以上に興奮が高まるという相乗効果をもたらします。


実践にみる立ち花菱(たちはなびし)

本来女性器は上つきであったり下つきであったりと個々個人でその位置が異なるため、通常のクンニでは上手く舐められないことがあります。しかしながら立ち花菱では充分な高さをかせげるためとても舐めやすく、場合によっては比較的容易にイかせられることもあります。もちろんそのためには前戯となる寄り添い(よりそい)鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)で充分なまでに感じさせておくことが必須となりますが、裏を返せばより丁寧に愛撫を施しておくほど効果的な体位といえます。ただ注意したいのは体勢が体勢だけに女性の腰に負担を掛けやすい体位だということです。なので常に女性の様子を窺いながらあまり腰をあげさせたままにしないようほとほどの時間で切り上げるよう心掛けましょう。

ちなみに立ち花菱からそのまま挿入すると深山(みやま)へと移行出来ます。挿入はまだ早いと思うならお互いの体勢を入れ替え、雁が首(かりがくび)へと移行するのもありかもしれませんね。

※参照動画:【BOVA】LOVE48 愛の48手組んでみた /Durex Real Love