FC2ブログ

記事一覧

四十八手【雁が首(かりがくび)】

雁が首(かりがくび)は非挿入系の体位でありフェラチオ、いわゆるオーラルセックスのひとつです。仰向けになった男性の足の間に女性が体を入れ、男性器を口で刺激します。男性が気持ちいいのはもちろん、女性もまた口内の性感帯を刺激されるうえ、行為のはしたなさにいっそう興奮が高まる体位です。舌先で先端やカリ首、竿はもちろん袋に至るまで念入りに刺激したら、ゆっくりと口の中に含んで唇で竿を擦りあげましょう。無理に深く咥え込む必要はありません。亀頭部分だけを含みカリ首を刺激するだけでも男性は充分なまでの快楽が得られますし、同時に手で竿を擦りあげれば射精にも至ります。


実践にみる雁が首(かりがくび)

挿入して快楽を得るセックスとは異なり、口で陰部を刺激するオーラルセックスは、好き嫌いもさながら場合によっては嫌悪感を持つ人も少なくありません。なのでくれぐれも強要することのないよう注意が必要です。もちろん相手にお願いしておいて自分はしないなんてのは言語道断。雁が首をしてもらったらおかえしに立ち花菱(たちはなびし)をしてあげる、その逆もまたしかり、セックスはお互い気持ち良くなってこそのものだということを忘れないようにしましょう。

また雁が首からは千鳥の曲(ちどりのきょく)への移行がスムーズに行えます。体を反転させ二つ巴(ふたつともえ)に移行するのもいいでしょう。積極的な女性ならばそのまま馬乗りになり御所車(ごしょぐるま)へ移行するなんてのもありっちゃありですが、相手を見て行わないと引かれちゃう恐れがあるので注意が必要です。

※参照動画:【BOVA】LOVE48 愛の48手組んでみた /Durex Real Love