FC2ブログ

記事一覧

四十八手【千鳥の曲(ちどりのきょく)】

千鳥の曲(ちどりのきょく)は非挿入系の体位でありフェラチオ、いわゆるオーラルセックスのひとつです。女性は仰向けになった男性の隣に座り、手と口で音を立てるよう男性器を刺激しながら空いた手で男性の乳首を弄ぶ、その姿が琴を奏でているようだったことからネーミングされた体位です。行為そのものは雁が首(かりがくび)と同じながら、男性を積極的に責める体位となるため内気な女性には少し敷居が高いかもしれませんね。けれどそれを受ける男性は思いのほか興奮するのです。手を広げるから胸はもちろん顔も隠せません。なのにそれでも健気に男性を気持ち良くしようとする女性の姿を目の当たりにするのですから、そりゃあもう興奮しないわけがないのです。


実践にみる千鳥の曲(ちどりのきょく)

女性はもとより男性もまた乳首は紛れもない性感帯です。普段触られなれてない場所だからこそくすぐったさを感じる男性もいますが、陰部を刺激しながら、顔を見つめながら、指先でそっとその先端に触れてあげれば、その刺激はすぐに快楽へと変わり股間が膨れ上がるのが見て取れるでしょう。

千鳥の曲から移行しやすいのは二つ巴(ふたつどもえ)です。男性に充分な刺激を与えたうえ、さらに陰部を見せつけるその体位は、恥ずかしさもさながらいっそう男性の興奮を高めます。もちろん雁が首(かりがくび)へと移行して御所車(ごしょぐるま)でさらに男性を責めるなんてのもありですよ。

※参照動画:【BOVA】LOVE48 愛の48手組んでみた /Durex Real Love