FC2ブログ

記事一覧

おっぱいにの大きさついて考えてみる

以前おっぱいにの扱いについて考えてみるで基本的な愛撫の仕方などを書きましたが、そもそも男からしておっぱいというものは触れると柔らかい程度の認識でしかなく、その形や大きさについての細かな知識は皆無に近いものがあります。なので今回はもう少し掘り下げた、おっぱいというよりはむしろ女性のバストについてのお話です。


バストの形

女性なら誰しも胸元にあるふたつの膨らみ。その形は千差万別ながら、日本人女性の多くはお椀型と呼ばれる文字通りお椀を伏せたような形状をしています。形は悪くないのですが左右が離れているため谷間が出来にくい欠点を持ちます。それをさらに薄くしたのが皿型と呼ばれるものであり、トップとアンダーの差がほとんどない、いわゆる貧乳と呼ばれる女性がこの皿型にあたります。またお椀型のデコルテ部分に膨らみがないものを三角型などと呼び、もとはお椀型だったが加齢に伴い脂肪が減ってきてこの形へといきつくパターンが多いようです。

そんななか理想とされるのが円錐型、俗にロケットおっぱいなんて言われる形状です。トップとアンダーの差はもちろんカップも大きめ、デコルテ部分がしっかりと膨らみバストトップは上向きで全体的に張りもある、まさに絵に描いたようなおっぱいがそれです。ですが残念ながら円錐型は乳腺量が多い欧米人によく見られる形状であり、日本人の場合多くは円錐型が少し垂れ下がった釣鐘型になるようです。


バストの大きさ

大きければ大きいほどいいとか、手の平におさまるくらいが丁度いいとかいいながらも、実際問題男はその大きさをあまりよくわかっていません。指標としてよくブラジャーのカップ数だったりスリーサイズがあげられますが、それもまた色々と誤解している男は少なくないのです。例えばスリーサイズでB85W56H84なんて表記があった場合、このB85がトップバスト、いわゆる乳頭の位置で計った数値だというのはそこそこ知られていますが、ブラに表記されている数値はアンダーバストだという事実はあまり知られていません。その差を埋めるのがカップ数なのですが、これもまた単純にアルファベットでAが小さくBCDと進むにつれて大きいという程度の知識しかないのです。

カップサイズとはトップバストとアンダーバストの差分でありそのサイズは2.5cm刻みで変化します。Aカップ=10cmを基準に12.5cmならBカップ、15cmならCカップと進みますが、逆にAカップに満たない場合は-2.5cmの7.5cmがAAカップ、さらに-2.5cmの5cmはAAAカップとなります。なので例えばB85W56H84の女性がCカップだとした場合、トップバストである85cmからCカップである15cmを引いた70cmがアンダーバストであり、ブラジャーのサイズ表記はC70となるわけです。情事のあとこっそり女性のブラジャーを見てバスト70かなんてがっかりしてた人はいませんか?実際にはそこにCカップである15cmを足したものが一般的に見るスリーサイズですのであしからず。また逆にB85W56H84のCカップだと聞いて85cmに15cmを足してしまい巨乳じゃん!なんておかしな勘違いもしないように。