FC2ブログ

記事一覧

角オナニーについて考えてみる

女性なら誰しも一度は経験したことがあるといわれる角オナ。きっかけは偶然ながら幼少期であることが多いため誰にも言えず、つい隠れてひとりで楽しんでいたなんて女性が少なくないとか。もちろんそれがオナニーだなんて知るのはずっと後のことで、知識よりも先に身体がそれを覚えてしまうだなんていやはや女性のほうが男なんかより全然エッチですよね。今回はそんな女性が性へと目覚めるきっかけでもある角オナについてです。


角オナのやり方

角オナはその名の通り角を利用したオナニーであるため、角さえあればどこでだって出来ます。そしてその方法も角に性器を擦りつけるだけと至ってシンプル。誰か来てもサッとその場を離れればそうそうばれないため、指や道具に抵抗ある女性でも気軽に楽しめると人気が高いようです。ちなみに大抵の場合は下着を履いたまま下着越しに角を擦りつけるようです。


好みの角を探す

擦りつける角はどこでもかまいませんが、基本的には机の角がオーソドックスであり多くの女性に好まれているようです。ただ自分の足の長さに合った適度な高さが必要だったり、角のアールが極端に尖りすぎず丸すぎない、なんて人それぞれ細かな条件があったりなかったりしますので、まずはなにより好みの角を探すことが先決だったりするかもしれません。また、机のような面としての角を利用するのではなく、柱やクローゼットなどの辺を利用した角オナもあります。いわゆるポールダンスのような動きといえばわかりやすいでしょうか。どちらも擦りつけることに変わりはありませんが、腰の動きが明らかに異なるため気分によっては興奮度合いも随分と違いそうですね。


なぜ角オナが気持ちいいのか

角オナで刺激するのはもちろんクリトリスです。でもそれだと指でするのと変わりないように思えますが――これがまた全然違うらしいのです。そもそも指オナと角オナでは接地面積が違います。指の場合だとピンポイントでクリトリスを刺激しますが、角オナだといわゆる面でクリトリスを刺激するため若干刺激は弱めです。しかしながら角オナではそこに少なからず自重が乗ります。これがいわゆる指オナでは決して味わうことの出来ない圧迫感であり、人によっては一度経験してしまうと指では物足りなくなってしまうとかなんとか。なによりそのはしたない動きに興奮しやすいため、マンネリ気味なオナニーライフ解消にもってこいだったりします。